映画『ジョーカー』謎多き衝撃作【2月7日よりIMAX&ドルビーシネマ再上映決定!】

映画『ジョーカー』

 

 

1月13日に第92回アカデミー賞のノミネート作品が発表されましたが、ホアキン・フェニックス主演の映画『ジョーカー』は、作品賞、監督賞、主演男優賞など最多の11部門でノミネートされました。これを受けて<アカデミー賞最多ノミネート記念>として、急遽2月7日(金)よりIMAX&ドルビーシネマでの再上映が決定しました! 映画『ジョーカー』とはどんな作品なのか調べてみました。

映画『ジョーカー』本当に伝えたかったこととは?

映画『ジョーカー』は、DCコミックスの『バットマン』に登場する最凶のヴィランであり、今までその出生が語られてこなかったジョーカーの出生について描いたオリジナル・ストーリーの映画です。

心優しき主人公のアーサー・フレック(ホアキン・フェニックス)が、なぜ犯罪王のジョーカーになってしまったのかが描かれるのですが、トッド・フィリップス監督が目指したのは、あらゆる見方が出来る作品であること。また、主役のホアキン・フェニックスは普通の映画ではない形で観客にこの作品に参加させることが、この映画の面白さのひとつであると語っています。この映画のどれが真実で、どれがそうでないかを判断するのが楽しいところであると話しています。

映画『ジョーカー』は、信頼出来ない語り手であるアーサーの目線で全編が展開していくので、映画の中で描かれる出来事がどこまで真実なのか、アーサーの妄想なのか判断出来ない作りになっています。だから、見た人によって「アーサーは本物のジョーカーではない説」や「映画の内容は、すべてアーサーのジョークである説」など観客によって様々な解釈が存在します。

映画『ジョーカー』の上演時間は、2時間2分ですが、初期編集版は2時間35分だったそうです。キャストやスタッフが納得したベストショットなども色々考えた結果30分近くカットされましたが、フィリップス監督してはカットしたものをまた再編集して完全版などを発表する意思はないようです。ですが、脚本執筆時に何を意図していたのかをいづれは語るつもりだそうです。でも、それがいつになるのかはまだ先のようです。

 

映画『ジョーカー』再上映決定!

映画『ジョーカー』の日本国内での、興行収入は公開日数98日間(2019年10月4日~2020年1月9日)で50億5508万8000円を記録、346万9196人を動員。全世界興行収入は、1000億円を突破し、2018年の『テッドプール2』を抜いてR指定作品の歴代記録を更新。

今回、<アカデミー賞最多ノミネート記念>として、2月7日(金)よりIMAX&ドルビーシネマでの再上映が決定しました。

参考 映画『ジョーカー』上映館映画『ジョーカー』公式HP

 

映画『ジョーカー』ブルーレイ&DVDリリース開始

1月29日(水)より映画『ジョーカー』のブルーレイ&DVDの販売が開始されます。レンタルも同時開始!

動画配信サービスでは、1月8日(水)より先行デジタル配信中です。

 

 

映画『ジョーカー』感想

あまりに衝撃的で、残酷な内容だった。母親と二人暮しで、コメディアンと夢見るアーサーがすべてに裏切られて、「人生は悲劇ではなく、喜劇だ」と知り崩壊してゆく姿が辛すぎた。

自分の出生の秘密を知ることによって、愛が憎しみに変わってゆく。信じていたものに裏切られた哀しみ。

洋服を着替えるシーンなどで裸になると体が歪んで肋骨が見え背中に大きな痣があっておかしいなと思っていたら・・・

『バットマン』や『ダークナイト』シリーズだと街の風景がもっとゴッサム・シティらしい感じがするが、本作の『ジョーカー』の街の風景がなんかあまりにもリアルすぎるからか物語もリアルに感じるような気がした。

物語の時代設定が、70年代ということでロバート・デ・ニーロ主演の『タクシードライバー』や『キング・オブ・コメディ』などの影響などが見られたが、マレー・フランクリン(ロバート・デ・ニーロ)が、ルパート・パプキンに見えてしまった。

見終わったあと、言葉が出なかった・・・。漫画のキャラクターをこんなにリアルに描く必要があったんだろうか? なんかティム・バートン監督の『バットマン』やクリストファー・ノーラン監督の『ダークナイト』シリーズが見たくなりました。

R指定なので、残酷な場面もあり万人におすすめ出来ないかも・・・。DCコミックス映画が、好きな人向けかもしれません。

トッド・フィリップス監督の狙い通りにいろんな解釈が出来る作品にはなっています。最後の精神病院に話が戻ってどうしてだろうと疑問に思ったりしたので。11時11分には気が付かなったなぁ。でも2回目見るかな・・・。

*劇場で鑑賞。

 

記事作成日:2020/01/20

最終更新日:2020/01/20

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください