映画「オリエント急行殺人事件」(2017)のキャストは?

映画「オリエント急行殺人事件」のキャストについて

 

 

映画「オリエント急行殺人事件」が、12月8日(金)に公開されます。豪華なキャストが話題になっています。キャストについてまとめてみました!

 

映画「オリエント急行殺人事件」とは?

映画「オリエント急行殺人事件」は、世界的に有名なミステリー作家アガサ・クリスティーの代表的な作品の一つである長編推理小説「オリエント急行の殺人」(1934年)の映画化です。そして、この難事件を解決するのは、クリスティーが作り上げた小さな灰色の脳細胞を持つ世界一の名探偵エルキュール・ポアロ!

 

長編推理小説「オリエント急行の殺人」(1934年) アガサ・クリスティー著

オリエント急行の殺人 (クリスティー文庫)

MEMO

アガサ・クリスティー(1890年9月15日-1976年1月12日) イギリス生まれの推理作家

長編、短編、戯曲など100冊以上の作品を執筆。人気のキャラクターは、名探偵エルキュール・ポアロのほかにミス・マープルを生み出す。彼女の著作は現在も読み継がれ、イギリスだけで10億冊、全世界では20億冊とも言われてる。

 

 

 

 

映画「オリエント急行殺人事件」のあらすじは?

エルサレムで事件を解決した私立探偵エルキュール・ポアロは、イギリスでの事件解決の依頼を受けて、イスタンブールでの休暇を切り上げて急遽、季節外れの満室だったが豪華寝台列車オリエント急行に乗り合わせることになる。

 

食堂車で、ポアロはアメリカ人富豪ラチェットから、何者から脅迫を受けているので身辺警護をしてくれないかと頼まれるが、ポアロはこれを丁寧に断った。

 

その夜、雪崩で立ち往生したオリエント急行の車内で、富豪ラチェットが何者かに12箇所も刺された刺殺体として発見される。

 

突然の事に驚いた鉄道会社は、乗り合わせていたポアロに事件解決を依頼することになってしまう。

 

ポアロは、列車は雪に閉ざされており、犯人は列車の中にいると判断し、乗客全員に聞き込みを開始するが、乗客全員に完璧なアリバイがあることが明らかになる。

 

事件は暗礁に乗り上げたかに見えたが、ポアロの天性の直感と丹念な推理で事件の真相をあぶり出してゆく。

 

衝撃の真相にたどり着いた時、ポアロは苦悩することになる、事件の真実を優先するべきなのか、正義を優先するべきなのか。

 

そして、ポアロはある決断を下すことになる。

 

 

 

映画「オリエント急行殺人事件」(2017)のキャストは?

 

ケネス・ブラナー:エルキュール・ポアロ

**

ベルギー生まれの世界一の名探偵。

MEMO

ケネス・ブラナー(Sir Kenneth Branagh)

1960年12月10日生まれ。56歳。イギリス・北アイルランドベルファスト出身。

RADA(王立演劇学校)を首席で卒業、23歳でロイヤル・シェイクスピア・カンパニー(RSC)に入団、数多くの舞台に立つ。史上最年少で「ヘンリー五世」、「ロミオとジュリエット」で主人公を演じ”ローレンス・オリヴィエの再来”と騒がれる。

 

 

 

ジョニー・デップ:エドワード・ラチェット

**

美術商のアメリカ人。秘密を抱えていて何者からか脅迫状が届き身の危険を感じている。

MEMO

ジョニー・デップ(Johnny Depp)

1963年6月9日生まれ。54歳。アメリカ合衆国・ケンタッキー州オーエンズボロ出身。

16歳の時に、高校を中退後、ミュージシャンとしてキャリアをスタート。俳優のニコラス・ケイジと知り合い、彼から俳優に転身することを薦められる。1984年、ホラー映画「エルム街の悪夢」で映画初出演。テレビシリーズ「21ジャンプストリート」(1987-1990)に主演し、一躍ジュニアアイドルとして脚光を浴びる。1990年公開の主演映画「シザーハンズ」が大ヒット。

 

 

 

ミシェル・ファイファー:キャロライン・ハバード夫人

**

アメリカ人。ラチェットの隣室で、深夜、部屋に男が侵入したと証言。

MEMO

ミシェル・ファイファー(Michelle Marie Pfeiffer)

1958年4月29日生まれ。59歳。アメリカ合衆国・カリフォルニア州出身。

1980年、映画「マンハッタン・ラプソディー」で映画デビュー。1988年、映画「危険な関係」でアカデミー賞助演女優賞にノミネート、英国アカデミー賞助演女優賞を授賞。1989年公開の映画「恋のゆくえ/ファビュラス・ベイカー・ボーイズ」、1992年公開の映画「ラブ・フィールド」でそれぞれアカデミー賞主演女優賞にノミネートされる。前者では、ゴールデングローブ賞主演女優賞(ドラマ部門)、後者では、ベルリン国際映画祭女優賞を授賞。

 

 

 

ジュディ・デンチ:ナタリア・ドラゴミロフ公爵夫人

**

ロシアの貴族。愛犬を連れてオリエント急行に乗り込む。

MEMO

ジュディ・デンチ(Judi Dench)

1934年12月9日生まれ。82歳。イングランド・ヨークシャー州ヨーク出身。

1957年、オールド・ヴィック・カンパニーの「ハムレット」のオフィーリア役で舞台デビュー。ローレンス・オリヴィエ賞を7度、トニー賞を1度授賞している英国演劇界の大スター。映画では、1998年公開の映画「恋におちたシェイクスピア」でアカデミー賞助演女優賞を授賞。特に「007」シリーズで3代目「M」を1995年から2012年まで17年間(計8作品)に出演し、知名度を上げた。

 

 

 

ペネロペ・クルス:ピラール・エストラバドス

**

宣教師。かつては乳母の仕事をしていた。メアリ・デブナムと同室。

MEMO

ペネロペ・クルス(Penélope Cruz)

1974年4月28日生まれ。43歳。スペイン・マドリード州アルコベンダス出身。

1992年、映画「ハモンハモン」で映画デビュー。1998年公開の映画「美しき虜」でゴヤ賞主演女優賞を授賞。同年公開のペドロ・アルモドバル監督作品「オール・アバウト・マイ・マザー」に出演し、国際的に知られるようになる。2010年7月、同じスペイン人俳優のハビエル・バルデムと結婚。

 

 

 

デイジー・リドリー:メアリ・デブナム

**

バグダッドで家庭教師をしていた。ドクター・アーバスノットと親しい。

MEMO

デイジー・リドリー(Daisy Ridley)

1992年4月10日生まれ。25歳。イギリス・ロンドン・ウェストミンスター出身。

TVシリーズの小さな役やアニメの声優の仕事をしていたが、2015年公開の映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」のレイ役に大抜擢され、一躍注目を集める。12月15日公開の映画「スター・ウォーズ/最期のジェダイ」にもレイ役で出演。

 

 

 

ウィレム・デフォー:ゲアハルド・ハードマン

**

オーストリア人の教授。人種差別発言が多い。

MEMO

ウィレム・デフォー(Willem Dafoe)

1955年7月22日生まれ。62歳。アメリカ合衆国ウィスコンシン州アップルトン出身。

映画のデビュー作は、マイケル・チミノ監督の「天国の門」(80)になるはずだったが、出演シーンがカットされてしまう。「ラブレス」(81)のオートバイギャングのリーダー役が初めての劇場公演作となる。「L.A.大捜査線/狼たちの街」(85)で注目をあつめ、1986年公開の「プラトーン」のエライアス・グロージョン3等軍曹役でアカデミー賞助演男優賞に初ノミネートされる。

 

 

 

ジョシュ・ギャッド:ヘクター・マックイーン

**

ラチェットの秘書で帳簿を管理している。アルコール依存症。

MEMO

ジョシュ・ギャッド(Josh Gad)

1981年2月23日生まれ。36歳。アメリカ合衆国・フロリダ州ハリウッド出身。

ペンシルバニア州の芸術学校で演劇を学ぶ。2002年頃から活動を開始。2005年にはドラマ「ER緊急救命室」に出演、2009年には、ケビン・スペイシー出演の映画「ラスベガスをぶっつぶせ」などの映画にも出演するようになる。2013年、ディズニー映画「アナと雪の女王」のオラフ役で、第41回アニー賞声優部門を授賞。実写映画「美女と野獣」では、ル・フウ役を演じた。

 

 

 

デレク・ジャコビ:エドワード・ヘンリー・マスターマン

**

ラチェットの執事。ガンであることを宣告され、余命幾ばくもない。マルケスと同室。

MEMO

デレク・ジャコビ(Derek Jacobi)

1938年10月22日生まれ。79歳。イギリス・ロンドン出身。

舞台俳優として活躍し、トニー賞始め数多くの賞を授賞している。特に、シェイクスピアの舞台に数多く出演しており、ケネス・ブラナーも彼の出演した「ハムレット」を観て、俳優を志すようになった。

 

 

 

レスリー・オドム・ジュニア:ドクター・アーバスノット

**

従軍経験がある医師。ラチェットの遺体を調べ、死亡時刻を推定した。

MEMO

レスリー・オドム・ジュニア(Leslie Odom Jr)

1981年8月6日生まれ。36歳。アメリカ合衆国・ニューヨーク州クイーンズ出身。

17歳の時、「レント」でブロードウェイデビュー。2016年、「ハミルトン」でトニー賞主演男優賞を授賞。

 

 

 

マーワン・ケンザリ:ピエール・ミシェル

**

オリエント急行の車掌。深夜、ラチェットのうめき声を聞いたと証言。

MEMO

マーワン・ケンザリ(Marwan Kenzari)

1983年生まれ。オランダ出身。

オランダ映画「Wolf」(13未)で注目を集め、ハリウッドに進出。リメイク版「ベン・ハー」(16未)、「ザ・マミー 呪われた砂漠の王女」などに出演。実写映画版「アラジン(原題)」では、悪役ジャファーを演じる。

映画「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」」”ダーク・ユニバース”の行方は?

 

 

 

オリヴィア・コールマン:ヒルデガルデ・シュミット

**

ドラゴミロフ公爵夫人のメイド。車掌のミシェルとは、別の車掌がいたと証言。

MEMO

オリヴィア・コールマン(Olivia Colman)

1974年1月30日生まれ。43歳。イギリス・ノリッチ出身。

イギリス・チャンネル4のコメディ「ピープ・ショー 僕たち妄想族」(2003-2010)で注目集める。TVミニシリーズ「ナイト・マネージャー」(16)で、第74回ゴールデングローブ賞テレビ部門最優秀助演女優賞を授賞。

 

 

 

ルーシー・ボイントン:エレナ・アンドレニ伯爵夫人

**

体調を崩して薬を常用している。

MEMO

ルーシー・ボイントン(Lucy Boynton)

1994年1月17日生まれ。23歳。アメリカ合衆国・ニューヨーク州ニューヨーク出身。

5歳の時に、家族と一緒にロンドンに移り住む。2006年に公開された映画「ミス・ポター」で、少女時代のビアトリクス・ポターを演じ映画デビューを果たす。翌2007年、この作品で第28回ヤング・アーティスト・アワード映画部門最優秀助演女優賞にノミネートされる。ロックバンド、クィーンの伝記映画「ボヘミア・ラプソディ(原題)」などが待機中。

 

 

 

マヌエル・ガルシア=ルルフォ:マルケス

**

キューバで脱獄し、アメリカに渡って自動車販売で成功した。

MEMO

マヌエル・ガルシア=ルルフォ(Manuel Garcia Rulfo)

1981年2月25日生まれ。35歳。メキシコ・グアダラハラ出身。

俳優になる事を夢見て、ロサンゼルスへ移住。TVシリーズ「フロム・ダスク・ティル・ドーン」(14ー15)などでキャリアを積み、2016年公開の映画「マグニフィセント・セブン」でタイトルの「7人」のうちの一人を演じ、ブレイク。

 

 

 

セルゲイ・ボルーニン:ルドルフ・アンドレニ伯爵

**

ハンガリーの貴族。有能なダンサーでもある。

MEMO

セルゲイ・ボルーニン(Sergei Polunin)

1989年11月20日生まれ。27歳。ウクライナ・ヘルソン出身。

体操選手からクラシックバレエに転向し、英国ロイヤル・バレエ団に入団。史上最年少の19歳でプリンシパル(トップダンサー)の地位を得るも、電撃退団していまう。自身のカンパニーを立ち上げ、俳優業にも進出。

 

 

 

トム・ベイトマン:ムッシュ・ブーク

豪華寝台列車オリエント急行を運営する会社の重役。

MEMO

トム・ベイトマン(Tom Bteman)

1989年生まれ。28歳。イギリス・オックスフォード出身。

「ダ・ヴィンチと禁断の謎」(13-14)など多くのTVシリーズに出演。舞台では「恋におちたシェイクスピア」で主役を演じ、ケネス・ブラナーのシアター・カンパニーのメンバーになり、数多くの舞台に出演している。

 

 

 

【 まとめ 】

1974年版も豪華メンバーでの映画化でしたが、今回もまた有名俳優・女優が出演することで話題になりそうです。

 

長編推理小説「オリエント急行の殺人」は、1932年にアメリカで起きた誘拐殺人事件が下敷きになっていますが、ポアロが警察ではなく、私立探偵だったからこそ下す事が出来た事件の解決方法でした。

 

今回の脚本は、「ブレードランナー2049」の脚本も書いたマイケル・グリーン。2017年は、他に「LOGAN/ローガン」、「エイリアン:コヴェナント」と全部で4作品が公開されます!

 

Amazonプライムビデオ

オリエント急行殺人事件 (字幕版)

新品価格
¥199から
(2019/7/16 15:17時点)

**
 

 

 

予告編で流れる主題歌は、アメリカのオルタナティブ・ロックバンド、イマジン・ドラゴンズの「Beliver」。6月23日にリリースされた3枚目のアルバム「エヴォルヴ」に収録されています。

 

イマジン・ドラゴンズ「Beliver」

 

イマジン・ドラゴンズ「Beliver」の和訳はコチラ!

http://oyogetaiyakukun.blogspot.jp/2017/07/believer-imagine-dragons.html

 

 

 

Evolve

新品価格
¥1,900から
(2019/7/16 15:20時点)

 

ケネス・ブラナー版ポワロの次回作「ナイルに死す(原題)」は、2019年11月8日全米公開予定です。

ナイルに死す (クリスティー文庫)

**
 

 

 

 

記事作成日:2017/12/06

最終更新日:2019/07/16

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です